Started to give it a try to write ISLisp to C translator

2017/04/09

I just started to write a ISLisp to C translator.

I’ve read the source code of Kyoto Common Lisp (currently known as Gnu Common Lisp (GCL, not Gnu CLisp)) before, which uses a C compiler on the fly. So I knew that’s possible.

My goal is to write portable code.

And another project is to link with the Gnu MP library (the GNU multiple precision arithmetic library).

By the way, I’m using  the BoehmDemersWeiser conservative garbage collector.

Happy hacking!

Download the latest kiss.zip (the translator has not been included yet.)

 

ISLisp processor KISS

KISS is aimed to be a conforming ISLisp processor.
The development is at the initial stage.

The current KISS is an interpreter written in C and ISLisp.

The rep loop is already running.

The object system and generic functions are working, too.

The license of this software is GPL. See gpl.txt in the zip file.

Download the latest version of kiss.zip .

Any comments are welcome.
I read English and Japanese.

ISLisp処理系KISS配布所

ここにリンクを貼っときます。最新版ですね。
ブログを更新しなくてもその時点での最新版を置いておきます。

 

最終的にはKyoto Common Lispに敬意を表して、Cへのトランスレータを書きたいと思っています。ただし十年二十年単位での話です(そんなに生きるつもりかよというのはなしで(笑))。飽きたら放置に入るのはご容赦ください。

でですよ、Cへのトランスレータが仮にできたとしたら、いまLispで実装していることに速度的な意味が生じますね。Cのような仮想アセンブラより抽象化がすすんだLispで書いたほうが読みやすいのはだれでも納得していただけると思います。で、速度的にトランスレータでCになれるんならより抽象度の高いLispで書いたほうがいいんですね。

2017/04/05: ライセンスをGPLにしてstring.cとstring.lispで作業をしました。
2017/04/04: いまは number.c と number.lisp を書いてます。