紙の製造工程を植物由来の宇宙人に見せたらマジ切れ

まぁ、星新一さんのショートショートにそういうのがあったなと…

星 新一(ほし しんいち、本名:星 親一1926年大正15年)9月6日1997年平成9年)12月30日)は、日本小説家SF作家
父は星薬科大学の創立者で星製薬の創業者・星一森鴎外は母方の大伯父にあたる。本名の親一は父・一のモットー「親切第一」の略で、弟の名前の協一は「協力第一」の略。父の死後、短期間星製薬の社長を務めたことがあり、日本の有名作家としては辻井喬こと堤清二西友社長)と並んで稀有な東証一部上場企業(当時)の社長経験者である(ただし、堤の場合は西友の経営参加や上場よりも創作活動が遙かに先行しており、星の場合は完全に経営を離れたのちに創作活動が始まっている)。
豊富な作品量でありながら、それでいてどの作品も質の高さを兼ね備えていたところから「ショートショート掌編小説)の神様」と呼ばれているが、『明治・父・アメリカ』、父親や父の恩人花井卓蔵らを書いた伝記小説『人民は弱し 官吏は強し』などのノンフィクション作品もある。小松左京筒井康隆と共に「SF御三家」と呼ばれる[3]

Wikipedia 星新一

私はたぶん星新一さんのショートショートは私が大学生の頃手に入るものは全部読んだことがあると思います。まぁ、中学だか高校の教科書にもひとつ作品が掲載されていました。

日本SF御三家でいうと、筒井康隆先生の作品もほとんど全部読んでいます。なぜか分からないですけど、小松左京さんの作品はたぶん一切読んでないと思います。

なにがなんだかわからない

UAP:未確認航空現象(Unidentified Aerial Phenomenon)

いろいろな情報にアクセスできるようになったのはいいですけど、なにが事実かというのがほぼわからない感じです。

人はだいたいこの世はこんな感じというバーチャルな自分なりの世界観のなかで生きていることが多いと思いますが、わたしは50歳をすぎてもこの世はこんなものという確たる手ごたえを持てるほどの世界観もないし、いまだに毎日がおどろきの連続です。(まぁ、だからまだ生きているんですけど…)

人類がアダムとイブからはじまったのなら…

一組のカップルから人類が発生したと考えると、近親交配による劣化が生じるはずだなという…つまり生存に不利でサバイバルできない可能性が増大すると…

そういうことをやったハプスブルク家もいろいろあったようです。

血族結婚(ハプスブルク家)
一方で婚姻による所領の流失にも敏感であった。そのため、叔父と姪いとこ同士(二重いとこの場合もあった)という血族結婚を数多く重ね、一族外に所領が継承される事態を防ごうとした。その結果、17世紀頃には誕生した子供の多くが障害を持っていたり、幼くして死亡するという事態が起こった[10]

Wikipedia ハプスブルク家

ある生物の種、ここではホモサピエンスが発生して増えていくには、いっせいにある程度の数がでてくるか、別種との交配が可能でないとダメなのかなという…