バーチャル・ペット

Youtubeチャンネルのmugumogu というところで、ネコの生活動画が多くアップロードされているのですが、認知症の母に視聴させたところいたくお気に入りの様子でした。

こういう猫がくつろいだり遊んだりの生活風景は昔なら自分でペットとして飼わないとみることが難しかったですが、いまはリビングの大きめのテレビでずっと流していると、ちょっとしたバーチャル・ペットとといった感覚です。

母はどうやらリゾート地の映像とかより生き物に反応するっぽいので、犬の動画とかも見せてあげようと思っています。

異常な精神的疲労

いま母が入院していて、実際ならすこし精神的に楽になるはずなんですが、病院に見舞いに行く度に異常な疲れを感じるようになりました。

たぶん私は病院の雰囲気みたいなのが合わないと思うのですが、おとといは呼吸が荒くなるほどの疲労を感じて、母との会話もそこそこに帰ってきてしまいました。

感情的に悲しいとか怒りとかいっさいなく平常心なのですが、疲労で首筋がシビれるような感じになって、呼吸もあらくなります。

まぁ、まいったなと…姉が実家にもどってくれたのでなんとかなってますが、姉がいなかったら母には施設に入ってもらうことになったかもしれません。

疲労がとれればいつも通りのハッピーヘラヘラ野郎になるんですが、どうしたものかと…

まぁ、介護しているほかの方とかも同じような苦労をしているのだろうなと、同病相憐れむ的な…

認知症の母に適応しはじめています

感情面でどうこうはなかったのですが、一時は精神的疲労が激しすぎて塾で教えるのを泣く泣くやめざるをえなくなったりしました。(疲れがピークに達したときは変な色の尿がでました)

それがだいたい一年弱くらいお世話させてもらっているうちに適応しはじめたみたいで、激しかった精神的疲労と皮膚病の悪化がとまったようです。

ただ、町内会の班長や家事とか食事の買い出し、病院への付き添いなどなどけっこう忙しくしています。

いちおう家族内での短期目標としては、来年のオリンピックを家族そろってテレビで楽しむということになっています。