知識は生き物で世話をしないと枯れてしまう

まず、私の事例からお話しすると、数十年レベルで理科知識の手入れを怠ったために、

「湿度100%って水の中かな?」

というくらい忘れてしまいました。一度は理解したことがあるので理科の教科書を読めばすぐに思い出すのですが、ほったらかしで手入れをしないと、このレベルのことが起こるんですね。

なにしろ中学高校あたりの勉強内容を「やらされている仕事」という受け止め方をしていたのが失敗だったなと思います。特に中学は義務教育でせっかく国が教科書やらなんやら無料でサポートしてくれているのにもったいないことをしたと思っています。

私の友人のお父さんはある大きな会社の社長をやっておられた方ですが、大学は早稲田大学を卒業しておられるわけです。そうすると当然、入試を受けた時点で英語は仮定法などを含めて、かなりの読解力が一時的には身についていたはずですが、仕事を引退された後、最近興味を持って中学英語の教科書を読んでみたら、he, his, him, his レベルからもうすっかり忘れていたという事です。

また総理大臣が国会で「いいですか!私は立法府の長ですよ!」なんてことを言ってしまいますから、行政府の長ですら油断していると自分の職業分野でさえ知識がしおれてしまっているということが起こります。

また、学問の知識はつねに進歩しているので最新情報という栄養を与えてあげる必要もあります。聖徳太子が厩戸王 (うまやどのおう)としても教科書に記載されているなどですね。

数学は特異な学問で2000年以上前に証明された定理がくつがえるなんてことは歴史上いまだかつて起こったことがないですが、それでも、数学としてとらえられる領域がひろがったり、素因数分解が暗号技術に使われて非常にホットな領域になったり、日々進歩変化しているはずです。

そういうわけで、私は社会科などは中学レベルからもういちど教科書を買って勉強しようとしています。国語、数学、理科、社会、英語などの中学生レベルを本当に自分の身に引きつけた有機的知識としていつでも利用可能なツールとして身につけたならば、いまの一般社会ではかなりの”インテリ”として遇されると本気で思っています。

 




金属結合

鉄や銅などの金属原子は常温では普通固体(例外は水銀)です。

この固体である金属の結合の仕方を金属結合というわけです。

イメージとしてこの固体内では、金属原子の陽子(+の電気を帯びている)が格子状に整然とならび、その格子の隙間を自由電子(-の電気を帯びている)が自由に行き来できるようになっています。

電子が自由に移動できるようになっていることが、金属は電気をよく通す理由です。

じゃ、なんでそんな格子状の構造が維持されているのかというと陽子(+)と電子(-)の間に働くクーロン力(静電気力、静電引力)によります。

この構造をあえて例えれば、陽子の玉が整然といっぱいならんでいるその接着剤として電子がすき間にいっぱいあるとイメージできます。

このイメージを元としてとして、金属の展性・延性(力が加わるとのびたり、ひろがったりする)が説明できます。

つまり、鉄の玉をすごい力で押しつぶすとぺちゃんこになりますが、このとき鉄陽子の格子構造はずれたりするはずですが、依然としてすき間に接着剤である電子があるので、割れたりせずに一つの固体のままなわけです。

 

染色体・DNA・遺伝子

中学の理科で勉強する染色体・DNA・遺伝子の関係について簡単にまとめます。

本に例えるとわかりやすいと思います。

まず細胞が分裂するときに細胞内に神秘的に出現する物体が染色体です。これは本そのものに相当します。

で、染色体を構成する主な物質がDNA(デオキシリボ核酸)です。本でいうと材料となる紙やインクです。

で、染色体に記述されている遺伝情報が遺伝子です。本で言うと文章による内容(情報)ですね。

染色体はDNA(デオキシリボ核酸)から構成されており、そこにコード化されている情報が遺伝子であると言えます。