ネンブツの床屋政談「ほんとうに”変化”を欲するならNHK党」

立花孝志チャンネルより

ブロックチェーンのDAOによるフラットな縄文型社会の再興

蘇我入鹿(そがのいるか)の首チョンパからすぽぽ~んと”日本”成立!!

Wikipedia ”乙巳の変”より

(理想論では)敵対者(特に同族)の殺害という悪習は卒業すべき

ただ、突発的な事故みたいな殺人は(脳に手を入れない限り)われわれには止められないだろうという。

つぎに私が何かを”決意”したらたぶんそれはお別れのとき

ロスチャイルド家のど根性出世物語は映画化すべき

神王さん大丈夫でしょうか…

トランスヒューマニズムの動きは、良い悪いは別としてとまらない気がする

トランスヒューマニズム(英: Transhumanism)は、新しい科学技術を用い、人間の身体と認知能力を進化させ、人間の状況を前例の無い形で向上させようという思想である[1][2]。省略して>HH+と書かれる場合もある。日本語では「超人間主義」などと訳される[3]。トランスヒューマニズムは人間の機能拡張やその他将来の科学技術の開発・使用により、将来起こりうることを研究する学問でもある[1][2]

Wikipedia トランスヒューマニズム
つばさの党 黒川代表

たとえば、”人間の身体にメスを入れて医療行為としての手術を行う”ことも当初はかなり感情的な抵抗感を人々は持ったはずです。でも、いまはこんな感じですと。

われわれの文明の大きな流れを見ると、トランスヒューマニズムはほぼ不可避だし、やめろと言ってもやる人はでてくるでしょうと。

あと、金属製の機械だと拒絶感を持つ人も、有機体(肉)の部品なら自分の身体に受け入れてもいいって感覚のひともそこそこいそうだなと。

すべてが無料になる世界

すべて無料っす

どうやって”すべてを無料”にするかというと、まぁおもにテクノロジーの進歩に期待ですね。

たしかに(どうやってそういう社会にするかは置いといて)、ゴールとしてすべてが無料の世界というものを想定すると、いまの社会の多くの問題が解決するのかなと思います。

インターネットが普及する以前に、テレビ電話というものがあった気がしますが通信費がバカ高かった気がします。いまはDiscordやスカイプでどこでもほぼ無料でそれができると。

古事記(ふることふみ) 日本の神話

古事記(こじき、ふることふみ、ふることぶみ)は、一般に現存する日本最古の歴史書であるとされる[1]。その序によれば、和銅5年(712年)に太安万侶が編纂し[2]元明天皇に献上されたことで成立する[3]。上・中・下の3巻。内容は天地開闢 (日本神話)から推古天皇の記事を記述する。

Wikipedia 古事記
わかりやすく古事記の内容がまとめられています