聖書をのんびりと聴く

BibleGateway.comというところで、ドラマ仕立ての英語で聖書を聴くことができます。頭が疲れている夜なんかにぼぅっという感じで聴いているとココロがなごみます。エゼキエル書の預言とか面白いです。

初期仏典も音声で聴けるようになってればいいのにと思いました。

釈迦の失敗の原因のひとつはブッダをいちばん上に置いてしまったこと

仏教についてはシロウトのプ~タロウが思ったことを勝手に書いている落書きもしくはポエムなので、わらって見逃していただけると助かります。


ここでは釈迦が唱えた”ブッダ”ということばであらわされる精神状態がアルと仮定します。

で、わたしもいろいろ”四苦八苦”で苦しむのはかなわんから”苦”を滅することができるってんならっていろいろ考え方や感じ方を参考にさせていただいています。

いちおう今の世の中の現状をみてみると、ブッダそのものになっていないとしても苦を滅する心境としてブッダに近づけている人が大勢いるかっていうと、私見ではあまりいないっぽいと感じられます。

その原因のひとつとして、釈尊がブッダになった者は偉いってやってしまったことがあるのではないでしょうか。苦を滅するためにブッダを目指すのではなく、偉くなりたいからブッダを目指すってひとが少なからずでてきてしまっているのが歴史を見てみるとわかります(もっとひどいと、ブッダさえ目指していなくてたんにある教団内部で出世できればいいとか…)。

たんなる、そういう考え方や感じ方をして生きればいろいろな種類の苦しみをいなすことができますよっていう”生活の知恵”(もしくは”哲学”)でええやんっておもいます。

そもそもそんな人間特有の苦痛を感じるのは人間が大脳を発達させすぎたからなわけで、サルやトラ、トリに仏教はひつようないですね。(サルには必要かな…)


もともと”実戦(実践)”を想定してでてきている良いモノが長い歴史のなかで形骸化してしまって、たんなるお遊戯レベルに堕しているっていうのは、日本の武道などにも例を見ることができます。

仏教はこころの合気道

ジーザスはヒーリング能力はもっていたんじゃないかな…

どういう仕組みかはわかりませんけど、手当たり次第にヒールしてたっぽいですね。あと死者の復活とか…(ぜんぶ仕組まれた茶番という読み筋もまだありえますけど…)

それであんなに当時の人々の注目を集められたのかなという…(もしくは弟子の宣伝活動のうまさとか… ジーザスの死後、弟子が本気でホンモノとして熱心に宣伝しようとしたのは、ヒール能力はホンモノだと弟子たちも現場を目撃して信じていたのではないでしょうか。)

でも、物理世界に対する特殊能力としては”ヒール能力”だけなので、はりつけにされたら死にますね…

中二病ならホンモノを楽しもう!(イエス・キリストの生涯)

いま上であげた”イエス・キリストの生涯”を鑑賞していますけど、イスカリオテのユダの裏切ってからの~後悔して自死というヘタレっぷりに毎度のことながら少しイライラしました。