予測可能性:ブラジルの1匹の蝶の羽ばたきはテキサスで竜巻を引き起こすか?

カオス理論てなものがあります。

それに絡んでバタフライ効果というものもあります。

また、
風が吹けば桶屋が儲かる

ということわざがあります。

日本人もうっすらそういう因果の流れの果てに、とんでもないことが起こりえる可能性には気が付いていたみたいです。

ここでは、そういう原因と結果には、ほぼ人間の予測を超える関係が成り立ちえるとします。

いま、私が道を歩いていて、ご老人に道を尋ねられたとします。そこで善行をつみたい私は、丁寧に道を教えて差し上げたとします。

で、そのご老人は私が教えた道を歩いていて交通事故にあったと。

もちろん私は何の責任も感じません…が、何かの因果を感じます。これは比較的、観測しやすい原因と結果ですが、非常に長期にわたってそのご老人を観察した結果、明らかに私が道を教えたのがある種の原因となって10年後、そのご老人が命を落としたということも結果として(量子コンピュータなんかを使って)判明する可能性はあります。

善行や悪行とはなんなのかという疑問が残ります。




人はなぜベジタリアンになろうとするのか

ヨガのティーチャーコースでならったベジタリアンになる理由とし記憶に残っているのは、

非暴力(アヒムサ)の観点からベジタリアンになる

これは私から見ると非常に珍妙な理屈に思えます。動物は非暴力的観点から食ってはいけなくて植物ならいいというのは、”お前が動物だから動物同士という身内喰いはなんとなく暴力とか思っているだけだろ”と思います。命という観点から動物と植物を区別する理性的な理由はみあたりません。ただ本能的に動物という広い意味での同族食いはなにかヤバイ気がするという感じでしょうか。 このあたり、植物の種はあれは胚珠が受精したものですからやはり命がかかわりますね。じゃあ、子房が変化した果実なら食べても非暴力なかんじも少しはします。仙人は果実だけ食べるなんて話も聞いたことがあります。それでも生きた細胞を食ってることはかわらんだろうという気がします。

 

人間の身体の機能的に歯は臼歯が多く、胃は酵素が肉向きのものが少なく、腸は肉食獣に比べれば長い

まず、大前提として人間って類人猿(チンパンジーは雑食)と共通の祖先をもちますよね?で、原始人とかはたぶん雑食ですね?そりゃ肉しか食べない肉食獣と比べりゃ腸も長いでしょうし、犬歯の発達もそれほどしてないでしょうけど、永い雑食の歴史があるのに何をいまさらという感想を持ちます。

 

エネルギーの視点から太陽のエネルギーに近いところから食物をとる

それが何の意味を持つのでしょうか?宗教的には意味があるのかもしれません。