出来た!シルシアーサナ/ヘッドスタンドポーズ/三点倒立

シルシアーサナ/ヘッドスタンドポーズ/三点倒立

ヨガを正式に習い始めて7ヶ月目にして、やっとヘッドスタンドポーズが出来ると言えるくらいになりました。

私は逆立ちは壁とかを使わない限り生まれてこのかたできたことがないので、時間がかかりましたが、Mari先生が約束してくれたように、できるようになりました。

まだ、バランスをとるのに腕の力を結構つかっているので、一日に何度もできません。Mari先生によるとほとんど腕の力を使わずにポーズを維持できるようになるようです。次はそれが目標です。

初心者ならではの気づいたコツを列挙します。

 

● ポーズに入るときは、常に腕を組んで両ヒジの間隔を確認する。(両手で二の腕をつかむ幅)

● 両手の指を組むときに、小指だけは交差させない。(失敗して向こう側に倒れるときに小指が頭でつぶされて痛くならないため)

 

● 逆立ちするときは、まず片足を空中で折りたたんで、もう片足をできるだけ、顔の前に近づける。

● ゆっくり接地している片足を持ち上げる。

● 両足が浮いたら、両足をたたんだままで、腰をまっすぐにする。(腰がひけていると足を伸ばしてもそのままになってしまうため)

● バランスをとりながら両足を上へ伸ばす。

● 体幹の筋肉をわずかに使いバランスを取り、腕などから無駄な力を抜く。

最後に、毎日、30秒(つまり1トライ)でも続けると自然とできるようになっていきます。これは私が実際そうでした。

このシルシアーサナはヨガのポーズの王様と呼ばれているらしいです。シバナンダヨガのスワミシバナンダサラスワティの弟子で元インド空軍大佐のスワミヴィシュヌデバナンダサラスワティが海外でのヨガ普及活動で象徴的にいろいろな場面でこのポーズをしたらしいです。(東西ドイツの国境の壁の上とか)

ヨガはポーズができればいいだけのものではないと指導をいただいており、また、オレンジ本でもヨガのポーズに優劣はなく、どれか一つでも極めればサマーディに入れるというような記述がありましたが、それでもやはりいままでできなかったポーズができるようになると嬉しいものです。

先生が写真を送ってきてくれたので追加しました。

先生の旦那さんのロッドさんは普段ヨガをしないのに、私のポーズより綺麗ですね。私の姿勢はなんか背中が丸まってつぶれているように見えます。

2014年9月現在のヘッドスタンドポーズです。撮影したら、すこし緊張して安定感がないですね。

 

ヨガのバイブル:ヨーガ・スートラ

Yogas Chitta Vritti Nirodha (ヨーガス・チッタ・ヴリッティ・ニローダ)





ヨガレッスンの後の不思議な昂揚感

親戚一同、友達連中などなど相手かまわずヨガのレッスンに誘っているのですが、ぜひこのレッスン後の不思議な安らぎ、昂揚感、リラックス状態を味わってほしいというおせっかいな心から出ています。

先日は、アメリカから来日して拙宅に滞在していたザンスラさんをホームシックにかかっていて不活発な状態にもかかわらずヨガに誘いました。本人がどれだけ楽しめたかわかりませんが、自己満足です。

私が通っているスタジオ(Yoga Sala PREMAL )は1レッスン90分なのですが、1つのアーサナをしたあと次のアーサナに行くまえに、必ずと言っていいほど、シャバーサナという休憩・リラックスのアーサナを挟みます。なので、レッスンでへとへとに疲れるといったことがありません。

この緩急の繰り返しが精神にいい影響を一定のリズムで与えてくれるのかなと素人考えしています。

シルシアーサナ/ヘッドスタンドポーズ/三点倒立

今日のシバナンダヨガのレッスンは、3連休の中日ということもあってか、私のほかに生徒さんが1人しかおられず、Mari先生に適宜アドバイスをいただきながらのものとなりました。

で、ヘッドスタンドポーズなんですが、私はまだできません。私は、補助なしで逆立ちをした記憶がないのでたぶんしばらくの間はできないだろうなと思っていました。

だがしかし、Mari先生の適切なアドバイスにしたがってトライしたところ、ヒザを曲げたままながら、逆立ち途中のそれっぽい感じまでいけました。

ははぁ~ん。これは力技でやるアーサナじゃないな…。バランスをとればそれほど力を入れずにデキル!そう思えたらもうこれは出来るまでは時間の問題だなと感じることができました。

コッソリ、自宅で練習して、いつかサッっとポーズきめてみんなを驚かしてやろうとかいう邪心が生まれました。:-)