パキラの新芽

春に向かって新芽がそだってきています。

ほんとうにパキラって育てるのが楽だなと思います。

サボテンをいくつ犠牲にしたことか。たぶん、「世話するぞ!」的な態度が余計なお世話なんでしょうね(笑)

母が園芸一般の歴が長くてプチトマトなんかも育てるのが上手なんですが、トマトは、もともと南米の高地植物ですから、水をやりすぎるといい実ができないんですよね、友人なんかによくそうアドバイスしていると聴きました。

観葉植物パキラ

パキラはしばらく育てていますが、育てやすいですね。

適当に水をやったりしているだけですがよく育ちます。

私同様の初心者におすすめできます。

とは言うものの、強い日光にあてすぎて何枚か葉っぱが真っ白になったりいろいろなつらい目には合わせているんですが(笑)

多肉植物メビナ

一時、お姉ちゃんからとかいっぱいサボテン類をもらって5鉢くらい育てていたんですが、数が多すぎて関心の対象を絞れなくなってしまって、ネグレクトみたいなことになって枯れそうになったので多くを私の園芸の師匠である母へと預けて、この多肉植物のメビナと木であるパキラだけを残しました。

多肉植物は育てるのが簡単であると言われているのですが、まず過干渉(水のやりすぎ)とか、葉っぱに水をかけて腐らせたり、いろいろ難しいと感じています。

植物をペットと呼ぶのは違和感を感じる人もいるでしょうが、私は毎日ちょっとは気にかけているのでやはりペットと呼びたいですね。

最近、また芽が出てきて育っている実感があります。