人工地震はすでに存在する単なる事象(テクノロジー)

人工地震は、人工的な発破などにより発生する。一方、通常の地震動を発生させる地震のことを、自然地震と呼ぶことがある[1]

土木工事などに使われる発破は、地震波を発生させるため、しばしば自然地震と誤認される。ただし地震波には、P波に比べてS波が小さい、表面波が卓越する、すべての観測点でP波初動が押し波となる、P波の波形が単純で立ち上がりが比較的鋭い、震源の深さがほぼ0であるなどの特徴があり、自然地震による地震動との判別は可能である。核爆発によるものも代表的な人工地震のひとつであり、大規模な地震動となった例もある(後述)。こちらも地震波に前述と同じ特徴があるため、識別及び感知が可能であり、地震計による核実験の監視に活用されている[2]。また、自然地震との判別が可能なことを利用して地殻や上部マントルの構造を研究する爆破地震学(制御震源地震学)がある。人工地震による地殻構造の解析は震央・震源時が正確に分かり、地震が発生しない地域でも研究が可能という利点がある。一方で発生する地震波の振幅が小さいなどの欠点も存在する。

Wikipedia 人工地震

つまり、たとえば、どっか地面に核爆弾を置いて爆発させれば、その爆発によって地面が振動します、つまり地震です。そういう人工的に起こした地震を人工地震と呼びますよということですね。”人工地震”というものがアルかナイかといえばアルし、すでに利用されているごくごくフツウの事象であると。


日本の国会で、国会議員のセンセイが”軍事的にはごくごく当たり前の技術”みたいなことを言っている動画を見たことがあります。

現時点で兵器として使えるほどテクノロジーが進んでいるのかどうかはわたしはわかりませんが、もしまだなら兵器として使うべく研究はたぶんされているだろうという個人的な感覚は持っています。

「人工地震や気象兵器は存在する」「噴火や地震は米国の仕業か?」元国会議員・国際政治経済学者の浜田和幸が断言!(インタビュー)

国際政治経済学者として活躍する浜田和幸氏は、参議院議員時代から気象兵器や人工地震などの知られざる“真実”を暴き、社会に発信し続けてきた日本を代表する有識者である。かつて全米一といわれるシンクタンク(CSIS)に主任研究員として在籍した際に入手したという世界のウラ情報はもちろん、地球外知的生命やUFOなどの情報にも造詣が深い。

TOCANA 浜田和幸インタビュー