映画:Man On Fire

アクションエンタテインメントの名手トニー・スコット監督が20年間熱望していた企画を実現。米軍で対テロ活動と言う名の暗殺に明け暮れた主人公が、一人の少女のボディガードを通して生きる希望を見出していく様を描いた感動アクション大作。主演は名優デンゼル・ワシントンに、名子役ダコタ・ファニング。

Amazon: Man On Fire

デンゼル・ワシントン演じる対テロ活動の暗殺者が、自分のしてきた行いを振り返って聖書を読む場面がたびたびあります(聖書を読むときはほぼ確実に酒も飲んでいます)。

「やっぱり、良心的なことを考えるときは欧米のひとは聖書をひらくのか…」という感想です。

戦友のクリスファー・ウォーケンは、南米で家族と小さな自分なりのパラダイスを作ってよろしくやっているわけです。

で、

デンゼル・ワシントン:「おれたちは、死後に天国に行けるだろうか?」

クリストファー・ウォーケン:「ムリ」(即答)

っていうくだりがあって味わい深いです。

わたしはできることならクリストファー・ウォーケン的でありたいと思っています。

クサクサ自分の行いの善悪を考えて酒浸りになるくらいなら、死後の地獄を覚悟して今はよろしくやるのがわたしの考える大人です。

たのしいひととき…

「映画:Man On Fire」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。