何をもって高度な知性とするか

イルカは頭がイイらしいというときには明らかに人間的知性と似た知性の尺度で頭が良いと言っていると思います。論理的思考とか判断力とかわれわれが考える頭の良さです。

では、ある生き物の種がそういう我々の考える頭の良さを突き詰めた結果として、そういう”知性”を種として捨てる判断をした場合はその生物の知性は退化したとみるのか…まぁ、われわれの尺度における”知性”は捨てたとみざるを得ないですね。このとき、その判断によって生物種としてより長く繁栄することができたとしたら… つまり何が言いたいかというと我々の知性が必ずしもサバイバビリティに直結しているとは言えない可能性があるのではないでしょうか。われわれの知性を捨てることがより長い目でおおきく見たばあい”賢い選択”である可能性もありえるのかなと…

とはいえ、われわれ人類は我々なりの知性を高める方向性(あえて言えば小賢しく立ち回ることにより)いまの地位にいるわけで、もう突き進むほかないのかなと(笑)

地球オワタ…(我々は何度目の文明か)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です