この世は巨大な量子コンピュータ

「この世は巨大な量子コンピュータ」大学研究で結論! 人間は量子情報の最小単位、OSのノイズ程度の存在にすぎない

グーグルの量子コンピュータが「量子超越性」を実証したとして話題になっているが、最先端の量子物理学の研究によれば、我々のこの宇宙がそもそも巨大な量子コンピューティングの一部であるという。いったいどういうことなのか?

TOCANA 知的好奇心の扉 トカナ

わたしも数ある妄想のなかで、「この宇宙ぜんたいで何らかの演算的なものが行われているのではないか」と以前思ったことがあります。宇宙=計算機と思ったわけです。

人類の歴史は「人類は特別な存在」という思い込みとそれが否定される科学的論証の連続でいままでやってきました。地球が宇宙の中心とかそういう考えとそれの否定とかです。

まぁ、自分をかんがみてもそれほど特別な存在とは思えないですよね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です