貧乏人が多いとよくないのは社会が不安定になるから

「貧乏人はカワイソウ」とかそういう感情的な問題で貧乏人を減らすべきなのではなく(そういう感情論もアリだとは思います)、貧乏人だと自己認識している人が増えると、その不満から犯罪に走る人が増えたり、自殺者が増えたり、過激なことを吹き込んでくる政治家を妄信したりと、社会が不安定になる要素が増えてしまうから、貧乏人(不満、鬱屈を抱えている人)は少ないもしくはいないほうが良いのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です