ペット・ロボットが一大産業になる

いまの社会の感じで、順当にテクノロジーが発達していくとしたら、これは私からすると必然です。

ロボットといったって、外側はべつに有機物でできていたっていいわけです。で、クソをしないっていうのがとても重要だと思っています。

SF小説にもそんなペット・ロボットは頻繁にでてきて、有名どころではフィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢をみるか?」(映画ブレードランナーの原作)にも描写されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です