闘いの最前線では勝つか負けるかがあるだけ、キレイごといってると死ぬ

闘いの最前線ではとにかく勝つことだけ考える、それはしょうがないことだしキレイに勝ちたいとかいってるとオマエ死ぬぞ!ということでしょう。その一方で、勝ったあとで、やはり善悪や美醜みたいなことも考えるのが人間であるしという…

麻雀の話題ですが、ちょっと昔の人になりますが五味康祐さんというかなり麻雀が強い作家がいらしたんですが、麻雀に精通するあまり、普段の麻雀のプレイでは何か自分の麻雀に対する美学的なことから自分に二翻縛り(リャンハンしばり)を課していらっしゃったらしいんですね。

で、シロウト相手にはそれでも勝てるでしょうけど、あいてが麻雀放浪記でおなじみの雀聖と呼ばれるような阿佐田哲也さんとか、動物王国のムツゴロウさんとして有名な畑正憲さんクラスになる勝負になると、やっぱりそれでは勝てなかったらしいです。

勝とうと決意したのなら、なりふりかまわず死に物狂いでやらざるをえないという。

「闘いの最前線では勝つか負けるかがあるだけ、キレイごといってると死ぬ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です