“色即是空”のすなおな解釈

2019年10月2日:このエントリは以前書いてあったポエムです。もっと何か言いたいことがあったような気がしますが忘れてしまいました(笑)


アインシュタインの 「質量とエネルギーの等価性」 を表した式

E=mc^2

つまり、色(モノ)=空(エネルギー)

われわれが感じている、物質世界は本質的にはエネルギーの一形態であり、われわれの認識系が固体・液体・気体・プラズマとかなんとか”思っているだけ”であるということです。(そういう区別をするんなら、そうなのでしょうという…)

あと”モノ”とわれわれが認識している対象は、実際はボーアの原子模型なんかをみてもわかるように”スカスカ”なはずなのですね。

(たぶん)2ちゃんコピペ:ブッダ「弟子よ、”実体”なるものは存在しない」弟子「・・・???」 2019年09月23日 13:30 宗教・歴史

「“色即是空”のすなおな解釈」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です