究極の大人(おとな)とは

聖者とかいいだすとややこしくなるので、”大人(おとな)”とか”大人の対応”とかいう言葉が分かりやすいと思います。 よく世間で、世の中の厳しさのなかでサバイバルしているうちに色々と妥協して卑しさを受け入れることを大人になることととらえている人たちが結構いるようですが、ハタから見ていて大人に見えないですよね。「いや、お前たんに卑しいだけだろ」という… 私が残念に思っているのはそういう大人として立派に成熟して見える人たちが現実にはパワーゲームの敗者になっている場面に結構でくわすことです。これってなんなのだろうと…とても残念です。 パワーをもったこどもが支配する世界