プリコネR:すこし真面目にプレイしはじめました

いぜんカジュアルプレイ&微課金で続けています。すこしずつ各キャラクターのステータスやスキルの把握とか、どのキャラを育成するべきかとかを考え始めました。

ガチャで限定キャラとかを当てたいとあまり思わないのは、それを育成するのにさらにリアルマネーが必要になりそうな感じがするからですね。

コツコツと地味なキャラを育てているだけでけっこう楽しいです。

カオリ(サマー)は前衛ではなく中衛なのか…

ダークソウル3:2週目に突入

ということは、DLC”The Ringed City”のボスである奴隷騎士ゲールを撃破できたんですね。

それで、取り残したアイテムとかも2週目に持ち越されるらしいということで始めちゃいました。

今後のキャラクター育成の方向性としては、両手斧を基本としながら、呪術を強化・使用していこうと思っています。ステータスの信仰や理力を上げてやっても武器(デーモンの大斧とか)の能力補正により物理火力もあがるということでそうしました。

で、”呪術”なんですが、これ英語では”pyromancy”って言っているようです。pyro-っていうのは火を表す接頭辞なんですね(たとえば、pyromaniac=放火魔)。呪術というより炎術みたいな。それで納得できたんですが、呪術っていっておいてなんで火関係の術ばかりなんだろうと最初は思っていました。

その呪術を使う上での装備品(武器)である”呪術の送り火”の戦技がすごく便利で、エスト瓶の再充填ができるんですね。そしてバグなんでしょうけど、この戦技 送り火 が連打できてしまうので、探索の途中でこの戦技の使用条件が整っているときは、エスト残量を完全復活できてしまうのです。

武器を火で強化する呪術 カーサスの孤炎 も見た目がすごくかっこいいので好きです。ただ理力、信仰ステータスがまだしょぼいので威力は期待していません。

2週目を攻略していて感じているのは、キャラクターレベルをかなり上げておいただけあって、ボスとかも初見のときよりずいぶんと簡単に倒せるようになったなということです。

If I were a carpenter, …

現在の事実ではないことを、もしそうだったらと述べるための仮定法過去の単純な例文として、

If I were a carpenter, I would be happy.

「もし私が大工だったら、しあわせだったでしょうね。」

この日本語訳にはあえて日本語の”だった”という言葉遣いを入れているんですが、まぁ、許容範囲の翻訳ではないでしょうか。

で、私は日本語は使えるけどその文法分析を頭で考えることはできないという、ネイティブスピーカー特有のアレな状態です。

そんなスカスカの日本語文法知識ですが、「もし私が大工”だった”ら」の”だった”は過去形なのではないでしょうか。

もしそうなら、日本語と英語で仮定法のいいまわしでひとつ過去に時制をもどして言うという同じ構造があるなという…

数の話だったのが図形の話になって…

高校数学Ⅲの教科書で、複素数のところを読んでいました。まず複素数というだけあって、”数”なわけです。

数ではあるけど、それを図形的にイメージするのに複素数平面というものにプロットしてみると今度はそれは図形としても見ることができるようになります。

ベタな例ですが、

複素数に関する方程式で、αは複素数、は正の実数とすると、複素数平面上で

α|=

という方程式を満たす点全体は点αを中心とした半径の円になります。

この”数”と”図形”を結び付けて考えてみようっていう発想は味わい深いです。

この例にみられる方程式の解が円になるっていうのは、複素数平面というものをひねくりだした結果としてそういうことになったわけです。

モンハンワールドはじめました

モンスターハンターワールドのプレイを少しずつはじめました。

STEAMで発売開始後あたりのセールのときに買ってあったのですが、動作確認をしたあとで放置になってしまっていました。

STEAMのストアページに掲載されている最低動作条件がインテルCPUの場合

プロセッサー: Intel® Core™ i5-4460, 3.20GHz

となっていまして、私のパソコンのCPUはCore i5-3570Kでして、グラフィックボードはGeForce GTX 960が刺さっているのでいいとして、はたしてこのCPUで動くんかいなと疑問におもっていたんですが、結果から言うと体感では遜色なく動いているようです。

というわけで、今回はじめるにあたりメインキャラの性別を女性にしてみました。いままでのゲームではファーストキャラが女性だといまいち感情移入できないというか、ながく育てられたためしがなかったのですが、いっちょガンバロウと思っています。

中学時代の初恋の人の名前です

カプコン開発ということで、いままであまりカプコンのゲームはがっつりプレイしたことがなく、モンハンも初めてなんですが、ゲーム内でのキャラの挙動とかに、カプコンらしさみたいなものを感じました。

おなじカプコンのドラゴンズドグマ・オンラインをプレイしたときにも感じたのですが、キャラを操作していて、ちょっとした段差はふつうに乗り越えてくれる感じとか、前進操作だけで木の根が入り組んでいるのをかき分けて進む感じ、下のほうのせまいすきまを進もうとすると勝手にキャラが腹ばいになってすすんでくれるところ、平地を進んでいてツルみたいなのが垂れ下がった壁にくるとそのまま登る感じとか色々とスムーズに操作できる感じがとても気に入りました。

武器は動作確認のときにつくったおっさんキャラで大剣にしていたのですが、これもカプコンらしさというか、 リアル志向というか、あれだけデカイ大剣はひと振りするのにヨッコラショという感じで結構時間がかかって、それが空振りになってしまったときの損した感じがすごくて、今回はキビキビした感じの武器で行こうと思って双剣にしました。

ダークソウル3のプレイがまだメインの感じですが、モンハンワールドもすこしずつ進めたいと思っています。

バーチャルでやれ

いろいろな人をみていると、たとえば支配欲に自分が支配されている人とか、金銭欲に振り回されている人とか、はたからみるとなんでそんなにその欲を追求しなきゃならないのかさっぱりわからないのですが、本人にとってはすごく大切というか夢中になっている人が多くいます。

で、それが凡人ならまだ被害の範囲も小さいのですが、へたにこの世における強キャラつまり、異常に頭がいいとか、対人スキルが並外れているとか、総理大臣の家系の生まれであるとか、他人への影響力がはんぱない人たちが私から見るとくだらない欲望を追求しているがために、われわれ一般ピープルが多大なる迷惑を受けるという構図は世の中のありとあらゆる場面でみることができます。

で、そういう個人的な欲望の達成はなんらかのバーチャルなもの(ビデオゲームがすぐ頭に浮かびますが…)ですませてもらえないかなと思っています。リアルな世界では政治家なら国や国民第一で動いてとか与えられた役割の本分をはたしてもらいたいと思っています。


私はいっときヨガにはまっているとき、自分がプレイするビデオゲーム内での暴力行為について深く考えたことがあります。

結論としては、これは「俺の中にある暴力衝動の発散に役に立っているのかな」と思っています。暴力的なビデオゲームをプレイした後にリアル世界で暴力をふるいたいなんて一度も感じたことがありません。とうぜんなんですが、フィクションやバーチャルのことをリアルに持ち込まない節度はまぁあるわけです。

われわれが基底現実と感じているこの世をもうちょっとみなが暮らしやすい感じにしないとシャレにならんでしょと思っています。

ダークソウル3:黒騎士の大斧ゲッツ!

ちょっとしたバーチャルなコレクション気分で強そうな大斧をあつめています。

黒騎士の大斧が見た目もカッチョイイし強いということで、 無縁墓地の篝火”英雄グンダ”から往復して、数十体の黒騎士を倒し続けてやっとドロップしました(おまけ的に黒騎士の剣も手に入りました)。

さっそく目一杯強化して振り回してみましたが、攻撃モーションに特徴がありますね。

あと、必要なステータスである技量にポイントを振って気が付いたんですが、武器の能力補正に技量があれば、技量に振ることでまだダメージが伸びるなと、まぁ、あたりまえのことなんですが。

ということは私のお気に入りであるデーモンの大斧なんて理力や信仰にステータスを振ってダメージを伸ばせるのかと。デーモンの大斧の能力補正は

筋力技量理力信仰
能力補正CEDD

となっているので、もしこれら4つのステータスを99にまでしたら結構つよくなるんじゃ…みたいな妄想をしました(筋力は66で両手持ちで99相当になってます)。

デーモンの大斧

とりあえず、現時点でボスに挑んだりするときは、竜狩りの大斧のお世話になることが多いです。強い分重いですがどうせ一撃入れるんならダメージがでかいほうがいいなと思っています。

竜狩りの大斧

所有関係をあらわす動詞:possess, belong, own

もっとも一般的な所有をあらわす動詞としてはhaveがありますが、もうすこし細かいニュアンスを含む動詞としてこれらのものがあります。

possess 大切なもの、非合法なもの、才能などを持っている。しっかりと抱きかかえているイメージ。ここからpossessedで幽霊などに取り憑かれているなどの意味が発生(幽霊にしっかり抱きかかえられているイメージ)。

belong ぴったりくる場所にあるというイメージ。そこから、居心地がいい感じや所属関係など。

own 日本語で言う”オーナー”であるというイメージ。

元ネタはNHKラジオ英会話2019年7月3日放送分の大西先生の説明です。

数十年ぶりのフィギュア

人形やフィギュアといえるものは子供のとき以来です。ユニバーサルスタジオジャパンのお土産でいただきました。

このブログエントリは”ペット”カテゴリに入れたんですが、動物は責任をもってお世話するのが大変ということで植物に手を出して、それも失敗して、とうとうフィギュアへと…

まぁ、昭和生まれのクソガキとして子供の頃は鈴虫、ザリガニ(捕まえに行って底なし沼にビーチサンダルを食われました)、カブトムシ(ある日ケースが壊れて数十匹逃げ出して近所のキッズが狂喜乱舞)、クワガタ(木の細い穴の巣から指でなんどもほじくりだして指先ズタズタ)、ミドリガメ(冬眠失敗で死亡)、金魚、インコ(数匹)、犬(パグの雑種)と立派にお世話したんですが…

インコなんてしゃべるかわからないのに、例によって私なりの狂気をはらんだ粘り強さで言葉を教え続けて、とうとう色々としゃべるようになりました。

パグの雑種(ベタですがコロという名前でした)は幼犬のころにもらってきて、私が文字通り手取り足取り(足だけですが)階段や段差の上り下りなどなどを教え込みました。