殺したいほど憎い人?

私がまだ紅顔の美少年(笑)だった中学生のころ、その当時30代後半から40代前半あたりの理科担当だった男の先生が授業中にしみじみと、

「君たちが私くらいの年齢になるころにはね、できることなら殺したいと思うような相手がひとりやふたりいるものです」

その当時はへぇ~そんなものか、オトナって大変だなと思いました。

いまの感想としては、

「そんな相手、ひとりもいねぇ~じゃねぇか」

です。この手の年長者は語るみたいなアドバイスってほとんど役にたたなくて、目くらましみたいな余計な心配の種になったことのほうが私は多かったです。

「”この世はこんなもの”、みたいなこというやつはニワカ」

ということを強くいいたいです(というニワカ勢に当然わたしも含まれます)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です