戦争の異常さ(わかっちゃいるけどやめられない)

世の中からすこしハズれたものの感慨として、最近感じている違和感は、いまだに人類が身内同士の最終的な問題解決手段として戦争を使っていることです。

すくなくとも国として体裁をとっている以上、両陣営にはいわゆる賢者的な人がいてもおかしくないと思うのですが、止まらないですね、戦争や戦闘。

一国の社会を安定して運営するために、普通の国では一般人の殺人や暴力は禁じられています。

これをいっこ上の概念に視点を移せば、地球の安定的な運営のためには、とうぜん戦争なんかしないほうがいいわけです。

わかっちゃいるけどやめられないっていうのは植木等さんのお父様によると仏教的な真理であるらしいですけど、いや、ぜんぶ滅ぶぞと思います。それは本望じゃないでしょと。

あと、私は中学生で暴力を離れて数十年たちますが、ニュースとかみてると結構、みんなコソコソと殴ってるじゃねぇかと呆れます。

「戦争の異常さ(わかっちゃいるけどやめられない)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です