ドナルド・トランプさんが好き

明らかに私が志向している仏教やヨガなどから導かれる仙人・乞食タイプと違っているのに、気が付いたら好感をもっていて、気になる人物として米合衆国大統領ドナルド・トランプさんがいます。(私がトランプ・タワーを所有していたら一生そこから外出しないと思います、ましてや大統領になろうなんて…)

トランプさんは欧米流のヒーロータイプだと思います。ドラえもんでいうジャイアンタイプ。

いまから40年ほど前の中学1年生の頃、中3でサッカー部の主将をしていた先輩はいわゆる番長でした。その番長がシンナーを吸って半狂乱になって校舎の窓の大半を破壊してしまったとか、中学時代は毎日が事件つづきでした。その番長を見ていた目線に近いものがあります。自分はできないけどなんか面白い人という…。(真面目な方ごめんなさい…)

ちょっと考えてみると、釈迦RMS、トランプさんといい、キャラが立っている人が私は好きなんだなと思いました。さらにいえば、小さくまとまりがちな世の中の幅を広げてくれる人。

そういう意味で私はガキの頃からビートたけしさんのファンなのですが、たけしさんには、いつまでも日本流の”何をやらかすか分からない人”でいてほしいと思っています。

殺したいほど憎い人?

私がまだ紅顔の美少年(笑)だった中学生のころ、その当時30代後半から40代前半あたりの理科担当だった男の先生が授業中にしみじみと、

「君たちが私くらいの年齢になるころにはね、できることなら殺したいと思うような相手がひとりやふたりいるものです」

その当時はへぇ~そんなものか、オトナって大変だなと思いました。

いまの感想としては、

「そんな相手、ひとりもいねぇ~じゃねぇか」

です。この手の年長者は語るみたいなアドバイスってほとんど役にたたなくて、目くらましみたいな余計な心配の種になったことのほうが私は多かったです。

「”この世はこんなもの”、みたいなこというやつはニワカ」

ということを強くいいたいです(というニワカ勢に当然わたしも含まれます)。

スティーヴン・ホーキング博士は他力本願

ここでいう”他力本願”には悪い意味はありません。仏教用語としての他力本願です。


他力本願:自らの修行によって悟りを得るのではなく、阿弥陀仏の本願に頼って成仏することを意味している


生前の博士の身体状況からすると、明らかに他者に身をゆだねるということを受け入れざるを得ないと思います。不自由です。そういう状態でああいうユーモアにあふれた人格を保ちあれだけの業績を残したわけです。

博士は自分の死なんかも当然起こることとして受け入れていらっしゃったということですから、成仏つまり、仏になっていたのではないでしょうか。


自分でやってやる、できるんだという小賢しさを捨てて、一切を阿弥陀仏にお任せして、不平・不満を言わないという、これも仏教の形としてはアリなのかなと思います。