デファクトスタンダードでフリーなバーチャルマシンの必要性

まぁ、私が必要としているというだけのことですが(笑)…

バーチャルマシンというと、Java VMが思い浮かびますが、あれはSUNからOracleに権利が移っているようで、どうも…という…

で、オープンソース界隈ではエイプリールフールねただったPerl6のParrotがどうにかなるのかなとおもったら、それほど話を聞かないし…

ここで大切なのは、JITコンパイラが各種CPUに対して、すでに存在するというのが非常に重要です。

(そういうのが出てくれば、Emacsのバイトコードもそれになるでしょうから高速化されますね…)

で、LLVMがそういうやつなのかなという感じがしていますが、どうなんでしょう…

とは言え、Lisp to C translatorで、型推論とかするコードはターゲットをLLVMのビットコードとしても、意味を持つのでまぁ、時代の流れに合わせます…

私はノイマン型コンピュータをバーチャルマシンとしてソフトウェア的に抽象化することに賛成です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です