The Long and Winding Road to Satori

まず、悟りとは何かというと、涅槃寂静ということばで表現されているように、静かな心です。で、なぜ悟りを求めるかというと功利主義的には冷静な判断を下すためです。

激しい感情というのはポジティブであれネガティブであれ行動のエネルギーになったりして使いようがあるものの制御が非常に難しいです。

ヒリつくような快感というのも一度は経験してみるのも悪くないですが、強いドラッグと同じで追い求めすぎるとたぶん破滅がまっています。(そこらへんトランプ大統領がどういう心境で動いているのかとても興味深く思っています)

で、どのように他人を悟りへ近づけるかというと、たぶんAIとか色々なテクノロジーを使って脳の状態マップみたいなのが明示的に解析できて、こういう刺激を与えたらどういうマップの変化が起きるかみたいなシミュレーションをしたうえでないと、失敗したときの本人や周囲へのダメージがヤバすぎてやらないほうがいいというのが私の現在の感想です。

で、そういう悟りの心境への道は、各個人ごとにパーソナルなものであり、ヨガ体操の教室でいま行われているような、単純な授業形式のメソッドとして確立するのは非常に難しいと思っています。

スッタニパータとかダンマパダなんかの初期仏典を乱読したかぎり、釈迦は悟りを得た聖人はこういう状況ではこうふるまうとか、こういう心境でことにあたる、みたいな結果しか言っていないんですね。

で、ヘタに色欲をコントロールしようとして、女を絶ったりしていると、もともとゲイじゃなかった人がゲイになったり、小児性愛の傾向がなかったひとがペドファイルになるという倒錯がでてきたりしているのが、仏教界の歴史から見て取れます。

初期仏典を読む限り、釈迦のいっていることをやろうとすると、脳内の内部表現の書き換えをやるわけですから、間違うと、社会に壊滅的なダメージを及ぼす、とんでもない大悪人が出てくる可能性があります。

そういう意味で、私は自分の自己流のやり方を他人で試す気になれません。

感情論でいいじゃないか

いろいろ会話をしていて、私が(この人の言っているコトはまぁ、感情論だな…)みたいに思ったとします。

で、そういう私から見て感情論を振り回している人に限って、自説が感情論であるということを認めたくないんですね。

「 理屈はわからないんですが、 私の感情として、そこはどうしても譲れないところなんです。」

で、いいじゃないですかね…

”それを認めると私の感情が乱されて人格が崩壊してしまう”

みたいなのは誰にでもあることでしょうし…

で、そういう前提のもとで、あらためて妥協案をさぐるとか…

プリンセスコネクト Re:Dive(プリコネR)

たぶん、数か月前からプレイを始めたと思います。いわゆるソーシャルゲームのガチャっていうのがどんな感じなのかを体験してみるかということもありました。

で、結論から言うと、いまもそこそこ楽しんでプレイを続けていて、ずっと無課金、プレイヤーLv100、未開放キャラが11体、バトルアリーナといわれているPvPコンテンツで1200位くらいです。

以下、だらだらと感想を書いていきます。

まず、ガチャはなんだかんだでタダでけっこう回せるなという感が強いです。ただ私は”絶対この特別キャラを手に入れなければ”みたいな感情は一切ないので、そこが課金してガチャを回したくならない理由かもしれません。

あと私はDMMのランチャーからPCでプレイしているんですが、しばらくたってからスマホと連携をしました。PCとスマホでアカウントを共有できるってのはこれからの流れなのではないかと思います。

ゲーム自体のプレイフィールはとにかくサクサク進むように気が配られているなと思いました。戦闘なんかも早送りがあり、また、戦闘画面自体をスキップしてアイテムだけ手に入れる仕組みもあります。

あと、洋ゲーに慣れた私の目から見ると、全員幼児っぽく見えますが、やっぱり自分のキャラがヒゲのオッサンよりも心なしかなごみます(笑)。

で、私のお気に入りのキャラがカオリという空手バカっぽい物理火力の娘だったんですが、ソーシャルゲームということでバカにしていた面があるんでしょうが、RPGにおけるタンク、アタッカー、サポート、ヒーラーなどの役割分担が実装されていると気が付くのが遅れて、力任せにLvだけあげて、アタッカーで打たれ弱いカオリを最前線でメインクエストの中盤まで進みました。

いろいろなイベントで表示されるアニメとかも(アニメに疎いおっさんから見ると)よくやっているし、かなり”引き”がある良いゲームだと思います。

あと、世界観が映画マトリックスみたいな、”じつはこの世はかりそめのもので…”みたいなのも私がメインストーリーを楽しめている理由かもしれません。