勉強にできるできないはなく好き嫌いがあるだけ

走ることに例えると、もちろん誰でもオリンピックの短距離選手になれるわけではありません。でも、走ることが好きで練習を重ねれば、その人個人レベルでは走るのが速くならざるを得ないんですね。

何事にも向き不向きはあります。でも、少なくとも小学校から高校レベルまでの勉強一般は、誰でも脳の機能的には理解できる範囲です。でなければ何らかの障害としてそもそも普通の学校に入学できていないはずなんですね。

ある事柄を好きになれば、当然、練習をするでしょうし、上手くなろうとするはずです、そうすると何もしない状態より結果として上手くならないではいられないのですね。

ここら辺をよく理解できていないお子さんが多くて、ひどい例では親からお前はバカだと言われていてそれを信じそうになっていたりします。

面白いと思ってやる事がどれだけすごいことを引き起こすかは、テレビゲームに熱中している子供たちを見るとわかります。
好きなゲームがあると、そのゲームについて異常に詳しくまた上手になっているんですね。

学問の王道はそれを好きになることだと思います。

英語の音≠日本語のカタカナ音

最初の最初はカタカナから入って英語の音を覚えるのはありだとおもいます。

それでも、できるだけ音を写して覚えたほうが後々得しますね。

例えば、watchはウォッチではなく、まだワッチのがましです。

私が小学生にtriangleの発音をしてあげたとき、その子は自分でノートに”トライアンゴー”と書いていました。日本語になった英語として”トライアングル”があるので悩ましいところですが、英語として頭に定着させるときは”トライアンゴー”のほうがましかもしれません。

最終的には、英語の音は英語の音として、「あ、th の音だ」などと認識できるようにします。

また、スペルと音の関係を説明するフォニクスというものがあり(book, took などのooは”ウ”であるなど)、英米の小学生たちはこれを国語でならいます。

パキラの新芽

春に向かって新芽がそだってきています。

ほんとうにパキラって育てるのが楽だなと思います。

サボテンをいくつ犠牲にしたことか。たぶん、「世話するぞ!」的な態度が余計なお世話なんでしょうね(笑)

母が園芸一般の歴が長くてプチトマトなんかも育てるのが上手なんですが、トマトは、もともと南米の高地植物ですから、水をやりすぎるといい実ができないんですよね、友人なんかによくそうアドバイスしていると聴きました。