生徒のテストの点が悪いのはぜんぶ講師のせい

というくらいの心構えでやらないと金をもらっている以上だめでしょと思います。

「あの子はやる気がないから…」

だから、やる気を出させてくださいってことで、金がお前に払われてんだろと思います。相手にやる気がないんなら、やる気を出させるために何をするかを考えるべきであって投げてんじゃねぇよと思います。自分の力量で無理っぽかったらそれなりの指示系統にそう報告すりゃいいだろと思います。

でも、中学3年の夏休み過ぎあたりから生徒のやる気というか危機感が芽生えるのをみると、

「じゃ、中学1年からちゃんとやっときゃよかったじゃねぇか」

という思いも浮かびます。

そういう私は中学あたりでは勉強は仕事と思ってやっていました。勉強に適性もあったんでしょうし、好きだった面もありますが、やらされてる感はMAXに感じていましたね。”仕事”なんで。で、”仕事→やらされる事”という呪縛にいまだにとらわれている人たちはすごく面白くないだろうなと感じています。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です