断食のススメ

ヨガにハマって、一時期は62キロまで減量した私も立ちくらみとか弊害がでたので、BMI的なものから計算して70キロまでもどして、スーツとかオーダーメイドしました。この間3~4年の間の出来事ですね。

そんなこんなで油断していたら食事後体重74キロまで増えたので、70キロまでもどすために、いま断食1日目です。

やはり、煩悩具足の凡夫だけあって、ほうっておくと必要以上に食べますね。まぁ、おいしいってすごい快感ですからね(笑)。

で、いま断食一日目なんですが、もう72キロまで戻しました。いま70キロまでいっきに戻すか、思案しています。急激なダイエット(断食)はやはりよくないようですからね。

こんなの自慢になるのかわからないですが、私はたぶん食欲をコントロールすることが得意なんだろうなと思います。

「あ、とりあえず1日断食しよう」

と思ったとします。そうするともう空腹を意識レベルで感じなくなるんですね。たぶん無意識の意向としては、

「こいつの意固地さはハンパないから断食とか言い出したら絶対に食わないだろうから、意識レベルに空腹のシグナル送っても無駄だからやめよう」

的なしくみがシステムとしてみた心身の中で起こっているのではないかと思います。

最長で3日のあいだ固形物を食べない断食をしたことがあります、一切食欲を感じなくて、インターネットで調べたらいわゆる”飢餓モード”に心身が入っているらしく、それ以上やっても意味ないだろうと思ってやめました。

で、いまの日本ではすっごい痩せたい人が多いと思うので、アドバイスを送るとすれば、食欲を我慢するのも練習でうまくできるようになります。最初はすこしご飯やお菓子を減らすことから始めて、年単位で練習すれば絶対に食欲のコントロール力が向上することは経験者の私が保証しますので、がんばってください。

また、断食の効用は体重が減るだけじゃないです。

男性なら理解してくれると思うのですが、いいことしたあといわゆる”賢者モード”になりますよね?あれが断食中ずっとつづいていく感じで、非常に意識が澄んでいる感覚が続きます。もちろん知的作業とか肉体労働もできます。私は合気道の稽古にも断食中に行きましたが、適度に缶コーヒーで血糖値をコントロールしながらやってなんの問題もおきませんでした。ただ、もちろん自己責任でやってください。私は自分の体験からしか言えないし、医者でもないので自分はうまくいったと言えるだけです。

ソビエト軍から“白い死神”(белая смерть)と恐れられた、フィンランドの伝説のスナイパーであるシモ・ヘイヘさんも、インタビューで狙撃の秘訣を聞かれた際、ただ一言「練習だ」と答えたそうです。

何事も結局は練習です。

 




「断食のススメ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です