Final Fantasy XIIIをプレイした感想

Final Fantasy XIIIをクリアいたしました。XIIIは13ですね。

ファイナルファンタジーを最後にプレイしたのはFF6ですかね。FF VI (6)のスーパーファミコン版は1994年発売らしいですから20数年ぶりのファイナルファンタジーですね。

 

 

結論からいいますと2回プレイをし直しました。そして楽しかったです。

美しいイベント・ムービーとよく作り込まれたコマンド入力式の戦闘システムが秀逸です。


まず、初回のプレイでは、

「お、マップが一本道だな…まぁ、怒りはわかないけど、この一本道っぷりは驚くなぁ」

「なるほど、数年前に発売されたゲームなのに、ムービー・シーンは最近プレイしたWitcher3と遜色ないほど美しいな(髪の毛が風になびく様子とかとか)…そういえばFFシリーズの売りの一つはグラフィックだったなぁ」

「ふむふむ、わかった、このゲームはムービーをプレイヤーに見せるのがメインな感じだ」

「ええねん、ええねん。Aボタン連打でどんどん一本道マップをすすんでいけばええんや。」

「道端に落ちているアイテムとか拾うの面倒だし、俺は乞食じゃねぇからな無視無視。」

「ふむふむ、一本道にいるモンスターは強すぎるのもいるから避けるのも手ですってメッセージがでてきたから、よけられるモンスターは全部避けて通ろう。」

「なんか、避けられない雑魚敵にもてこずるようになってきたな…」

「…中ボスを倒せなくて詰んだ…。真面目にやり直すか…」


で、2回目のプレイでは、アイテムも拾って、雑魚敵もできるだけ倒して、キャラのメイン・ロールのレベルアップに励んでいたんですが、武器やアクセサリーの強化とか、バフやデバフのアイコンや魔法の種類とかだるいんで把握しませんでした。

で、また中ボスを倒せなくて詰みました。

「もっと真面目にやり直そうw」


で、三度目の正直で、アイテム強化とかバフやデバフ効果の把握、とれるロールはマックスまでレベル上げした結果、ラスボスにも余裕で勝利できました。

さすがに、私の歳になると熱いストーリーに慣れるのに若干の時間がかかりましたが、それも適応できました。

また、キャラクターのモデリングもWitcher3なんかの肉感的な女性の表現になれた目で見ると、最初は、なんだこのガリガリな少女たちは…となりましたが、そういう日本的なマンガ的な表現もありだなと思い、最後にはヴァニラという少女なんかもかわいく見えるように目が慣れました。

これが2千円ほどでプレイできるならかなり安い買い物じゃないかなと思いました。

サイコロを投げたときに素数が出る確率

まず現在、素数といえばどう定義されているかが問題になります。

自然数で、正の約数1 と自分自身のみであるもの」

と覚えていると、1は素数なのかどうなのか悩むという落とし穴があるわけです。

よって、

「正の約数の個数が 2 である自然数」

と覚えるとしっくりきます。つまり今は1は素数ではないことになっています。

なんで、そうなるかというと1を素数とすると、素因数分解の一意性がくずれてしまうからというのがわかりやすいですね。

つまり、6を素因数分解すると6=2×3ですが(掛け算の順序は問いません)、

1を素数として含めると6=2×3=1×2×3=1×1×2×3=…

となって素因数分解は一意に決まることにならなくなるからですね。

他にもwikipediaによると1を素数に含めないと都合が良く成り立つ事柄があるようです。

高校受験が近い人はここらへんの素数とは何か?有理数とは何か?とかの言葉の定義をきっちり抑えておかないと、5~10点くらい損をすることになりかねないので注意が必要です。

中学生の人は教科書の最後にある「さくいん」のページで、因数とか素数とかの言葉を自分が理解しているかチェックを一度は受験前にすることをおすすめします。

台形の面積は三角形の面積として理解


小学校で習う台形の面積の公式は次のようになります。

$${台形の面積=\frac{1}{2}\times(上底+下底)\times高さ}$$

ここで、なにかこの公式は見慣れたものと似ていないでしょうか?
そう三角形の面積の公式とそっくりなのです。

$${三角形の面積=\frac{1}{2}\times(底辺)\times高さ}$$

つまり台形の面積は上底+下底を底辺とする高さが同じ三角形の面積として理解することができるのです。
それは、中学で習う三角形の等積変形という技をつかいます。図で示せればいいのですが手軽に描けるツールがないので言葉にすると、台形の上底と下底が台形の定義により平行であることからそうなります。