アメコミ・ヒーローもの

最初に断っておくと、アメリカンコミックのヒーローもの、たとえばスーパーマンから始まってバットマンとか映画は大いに楽しんでいます。でも、主人公たちの行動で今一つ理解不能というか、あまりにもアメリカ的でわからないんだろうなというものがあります。

1:あ、俺には特殊能力(財力)がある。 (これは設定なのでまぁ、しょうがないです。)

2:これを世のため人のために役立てよう。 (まぁ、わかります。)

3:それには、とびっきり派手な衣装が必要だ。 (なんでだよwwww)

いや、馬鹿にしているわけじゃないんですが、真剣に、なぜスーパーマンがあんなチンドン屋みたいな恰好をしようと決意したのかまったく理解不能です。私だったら機能性を考えて、それっぽい戦闘服チックな服装にとどめておく気がするし、あんな恰好をしようとはまったく思いつかないと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です