比についての新しい理解

Wikipediaの比についてのエントリを読んでいて、そういわれればそうだなと思ったのですが、自分のテレビが横と縦の比率が4:3だとします。

この場合、テレビの横の長さを4で割った数=テレビの縦の長さを3で割った数なんですね。

たしかに、横と縦が4:3ということは、実際の横の長さは4k、縦の長さは3kと表せることを意味します(kには適切な数が入ります)。4:3=4k:3k というわけで、横を4で割るとkが答え。縦を3で割るとkがこたえ、したがってk=kとなり等しくなるわけですね。

比をこういう理解の仕方をしたことがなかったので、何か新鮮です。

 

暴力について

私の体、私の心、私の財産、私の名声、私の地位、私の…

という認識を私たちが持っていて、それらを傷つけられちゃかなわないと思っている限り、「私」と対立関係にある主体がパワー(広い意味での暴力)を行使してそれを破壊もしくは毀損しようとする行為は絶対になくならないと思います。なぜなら”攻撃”として圧倒的に有効だからです。

私は、中学生の頃を最後に、30年以上、人を殴ったり蹴ったりしていないんですが、それはほかの国と比べて日本が驚くほど平和とか、私の周りが良い人ばかりだったとか色々な理由があるんでしょうが、やはり、最終手段としては物理的な力の行使はありだろうなぁと思っています。

でも、暴力関係で萎える光景は、国会で議員の先生たちが強行採決だかなんだかを阻止しようとして、議長のところへ詰めかけて、誰それがグーパンチしたとかなんとかニュースで流れたときですね。けっきょく物理的な力を行使するんじゃねぇかと、最終的には猿の殴り合いと変わんねぇじゃねぇかと萎えます。