仏教入門

仏教について自学するには、私個人としてはじかに原始仏教経典であるスッタニパータとダンマパダを読むことをお勧めしたいです。

でも入門書から入りたいという方のためにおすすめできるものを二冊紹介します。

一冊目は評論家の呉智英さんの「つぎはぎ仏教入門」です。

・「釈迦が生きていた時代には仏像はなかった」

・「釈迦が生きていた時代には坊さんが読経することはなかった。なぜなら”お経”なんてまだ無かったから。」

・「日本で普及している”仏教”は本当に釈迦が唱えたことを正しく伝えているのか」

・「仏教的に”愛”とはどういうふうに捉えられているのか」

など、初歩の初歩から読みやすく構成されているとおもいます。ただ、釈迦が何を悟ったかについての説明はやや生硬な感が否めません。ここら辺は次に紹介するものの方がこなれた説明になっています。


つぎの一冊は「ブッダ伝 生涯と思想」です。釈迦の人生を追いながら、弟子を獲得する様子とか、悟りとはどういうものか、悟った人とはどういう精神状態なのかなどが哲学者の中村元さんによりわかりやすく説かれています。中村先生は最初にあげた初期仏典スッタニパータやダンマパダから始まって膨大な原始仏教経典を翻訳されています。私は中村先生の翻訳した仏典で自分なりの釈迦はどういうことを言いたかったのかを理解しました。

究極の大人(おとな)とは

「仏教入門」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です