善意の疫病神と悪意の幸運の女神

ある若い女性が金持ちの年寄り男性をいつか毒殺しようと思って結婚したとします。まぁ、よくある金目当ての結婚ですね。で、いつか毒殺しようとは思っているけど、バレちゃかなわないんで、その男性にはすごく良く接するわけです。

で、毒殺の機会をうかがっているうちに、何年でもいいんですが10年過ぎたとします。そして、女性が交通事故で頓死してしまったとします。

はたしてこの女性は善人なのか悪人なのか…

はたから観測しうるかぎりにおいては善人にしかみえないわけです。でもその心の中には悪が出番をまっているわけです。

ヨガのシータ先生にも訊いたことがあるんですが、答えは人によってさまざまですね。

別の話題で、ある疫病神が自分が疫病神と気づいていないんですが、善意からいろいろなことをさかんにしたとします。とうぜん疫病神なので彼がやることなすこと災厄の源となり大惨事を巻き起こすのですが、かれはどうにかして良いことをしようといろいろ動き回ります。

それとは対照的にすっごい悪意にみちた幸運の女神がいたとします。すっごい悪いことを人々にしてやろうと思っていろいろやるんですが、なんせ幸運の女神なんで、ぜんぶ良い結果として結実してしまうんですね。で、悪意の女神はしゃかりきになっていろいろな悪いことをしようとするわけです。

 

ハゲました

頭頂部を手で触るとひんやりとした皮膚の感覚…。

「本格的にハゲとるやないかっ!」

今は気が付くとヒンヤリとした感触を楽しんでいます。

これは神経性のハゲではなく(それは別件でうなじに出ているんですが)、明らかに老化によるハゲですね。若いころは老化してハゲてくるほど生き残れるとは考えていなかったので、いや~サバイバルしたなぁという感慨がわいてきます。

あといろいろな人たちとか環境とか国的なものとかが、よくこんな俺が生き残るのを許してくれたなぁという感謝の気持ちがあります。

少しでもその感謝を形にして社会に戻したいとは思っています。うまくいけば保護司をやりたいですが、そこまで金銭的に余裕はないでしょうから、自分の得意を生かしてフリーソフトウェアかなぁという気がしています。

3DCG女子高生Saya2016がヤバい出来に。完全に不気味の谷を超えた(世永玲生) – Engadget Japanese

フリーランスの夫婦CGユニット\\”TELYUKA\\”(テルユカ)のプロジェクト「Saya」の2016バージョンがつい先ほど公開されました。御覧くださいこのクオリティ。

情報源: 3DCG女子高生Saya2016がヤバい出来に。完全に不気味の谷を超えた(世永玲生) – Engadget Japanese
CG女子高生

いやー、いまWitcher3をプレイしているんですがグラフィックはキレイです。でも、実写かと間違うほどではないです。小学生の頃、鼻水たらしながら近所の電気屋さんでスペースインベーダーをプレイして以来、いよいよ10年、20年のうちに実写と区別がつかないゲーム画面を堪能できると思うと胸が熱いですね。