私の数学力

若いころの私は数学には最大級の敬意を払いつつ、自分は超一流になるほどには数学に向いていないと感じていました。

一応、前提として大学は工学部を卒業しているのでいわゆる理系です。つまり「向いてない」と言ったっていわゆるフツーの人よりははるかに数学には適性があるのは知っています。

とはいえ、若いころはまず数字(1, 2, 3, 4 …など)そのものへの興味がそれほど強くないということは自分でも自覚していました。若いころはパズルとかもすごく嫌いでした。なんかイライラするんですね。

で、今現在、英語の生徒が一人だけになって残りの生徒には全員に数学を教えています(英語を教えられる人が今は多いんですね)。

面白いのは、塾で教え始めた頃は、中学数学でさえすっかり忘れていたことです。講師志望で面接を受けたとき数学、国語、英語のテストを受けたんですが、数学が突出してできなかったことを覚えています。

で、からの~ということで、中学の教科書を買ってポツポツと思い出し始めて(大人の事情なんでしょうけど教科書は特定の書店でしか手に入りません)、いまは普通の高校入試問題はスッと解けるまで復活しました。難関高校の入試問題を今はかたっぱしから解いてます。

で、数学には幾何学(図形)や代数学などいろいろな分野があるのですが、私は図形がほかの分野より苦手なのが分かり始めました。

関数や方程式の応用(いまは利用問題というらしいですね)は、

「そりゃ考えりゃ解けるわな」

という感じで難関高校の問題もいけるんですが、図形の問題に関しては、たとえば昨日は3問連続でスッとはとけませんでした。

ここで、

「しめた、これは解き方がわからない人の心の動きがわかる!」

ということで、何がどうして、どういう理由で解けなかったのかをいろいろ分析しています。

今は高校の数学もだんだん思い出してきていますが、統計学、確率論、整数論などすべての分野がすごく面白く感じられます。

確率論はギャンブルとつながっているというロマンを、
整数論には数学の基本中の基本でありながら底知れぬ奥の深さを、
統計学は大量のデータをどう理解しやすくあつかうのかという技の妙味を、
などなど、それぞれの分野にそれぞれなりの魅力を感じています。

00top

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です