さいきんのヨガ活動

真理先生とスケジュールがあわなくて、PREMAL にはしばらく行ってないんですが、1日に1回太陽礼拝(スリヤ・ナマスカーラ Sun salutation)をやって、あと開脚と前屈も数回やってます。

四十肩の後遺症で、左肩の可動域が狭まっていて、ヘッドスタンド(シルシアーサナ)はやっていません。徐々に、肩の可動域がもとにもどってきているので、そのうちやり始めようと思っています。

あと、片足立ちの木のポーズを気が向くとやっています。

記憶が正しければ、ヨガをはじめたころは、片足立ちってけっこうグラグラしていたように思うのですが、いまとなっては、なぜ、こんなことでグラグラとバランスを崩していたのか不思議です。いまは、目をつぶってやりはじめています。

パワンムクタアサナは重要!とか言っときながら、やってません(笑)。なんか面白くないんですよね、修行が足らないなぁと思います。

いやぁ、ヨガはいいもんだなと思います。腰痛とかほんとに過去のものになってしまいました。

文献の方では、ヴァガヴァット・ギータ を結構繰り返し読んでいます。

「クリシュナ、お前、そんなこと言うと、曲解してとんでもないことしでかすバカが出てくるぞ…」

とか思いながら読んでいます。




なぜ √2 × √3 = √6 か

中学生レベルの数学の話題です。

結論から言って、$$\sqrt{2}\times\sqrt{3}=\sqrt{6}$$ で、√の中の数字を掛け算してやるのが正しいのですが、そこには数学だけあって、なぜそうなのかという理屈があります。

√2 × √3 = √6 だけ計算できて、なぜそうなるのか説明できない状態は、車の運転に例えると、運転はできるけど、なぜアクセルを踏むと車が動くのか、それはエンジンがあって…という理屈を理解していない状態です。

テストで今より点をとるには、運転だけできればいいという状態の生徒もいますが、より発展的な問題を考える必要のある生徒には、この「なぜ」まで教えています。

まず√2 は 1.41421356….とか√3 は 1.7320508…. とか、無限に続く少数です。そして、日本語で表現すると、

「√2とは2乗すると2になる正の数」
「√3とは2乗すると3になる正の数」

と言えます。

これを数式で表すとと

「(√2)^2 = 2」

「(√3)^2 = 3」

となります。

なぜ、2乗すると2になる正の数と2乗すると3になる正の数を掛け算すると、結果が2乗すると6になる正の数になるのか…。けっこう謎ですね。

で、$$\sqrt{2}\times\sqrt{3}=\sqrt{6}$$ をよく見てみると、
右辺は2乗すると6になる正の数。そしてそれと=なので左辺も2乗すると6になるはずと数式は訴えています。

※ 「ルートのからむ問題でつまったら、平方根(平方つまり2乗するとその数になる根となる数の意味)というだけあって2乗と関係が深いから、とりあえず2乗するとどうなるかやってみて」と生徒にアドバイスすることが多いです。

実際に左辺を2乗してみます。

(√2 × √3)^2
= (√2 × √3) ×(√2 × √3)

※掛け算の交換法則を使います
= (√2 × √2) ×(√3 × √3)
= (√2)^2 × (√3)^2

※√2、√3を2乗すると当然、定義により…
= 2 × 3
= 6

おっと、(√2 × √3)^2 = 6 がわかりました。

この等式を日本語で考えると、

「√2 × √3 とは、2乗すると6になる正の数(√2と√3は正の数なのでその積も正の数です)」

ということを我々に訴えています。

ここで、「2乗すると6になる正の数」」は、√を使って数学の言葉で書くと、

√6

です。

すなわち、

√2 × √3 = √6

だと言えました。

これとまったく同じ論法で、a ≧ 0, b ≧ 0 のとき

√a × √b = √ab

が言えるので、√同士の掛け算は、中の数字同士を掛けるだけでよいということが説明できます。

合気道の有用性

軍隊の兵士が習う格闘術、特に特殊部隊の兵士などは、基本的にチャンスがあれば、一撃で敵を殺すことを考えるそうです。

急所をつければ一撃でそこをついて殺すそうです。なぜなら、その一瞬のチャンスを逃せば今度は自分が殺されるかもしれないからです。

ただ、我々が暮らす、市民社会では、夜道で、痴漢やひったくりにあったとしても、その度に相手を殺しては、過剰防衛の非難を免れません。殺さなくたって、急所を壊して不具にしたら、訴えられかねません。

そういう意味で、合気道の技により、お互いに致命傷を負うことなく相手を制圧する技術は、我々市民には意味があると私は考えます。

でも、基本逃げるのが一番いいと私は考えます。




多言語を学ぶことについて

私は英語を結構長い間、勉強、練習してきたんですが、実は、スペイン語と中国語もすこしかじったことがあります。

「でも、どう考えてもこれから自動翻訳機が広まるだろ…」

十数年以上前から、この考えが邪魔して、本格的に力を入れるに至っていないんですが、最近、

「楽しければいいや」

という心境になって、ポツポツと勉強を再開することにしました。

自分で客観的に見ても面白いのですが、私は別にスペイン人や中南米の人と友達になりたいという欲望が強いわけじゃなくて、「言語」そのものに興味の対象があるのですね(笑)

あと、基本的に外国語を学んだり練習するのが、コンピュータゲームをプレイしたり散歩したり、サイクリングしたりするのと同格で「楽しいこと」なのは、自分の特質だと思います。

あと、多言語を練習・勉強すると脳の機能が活性化するらしいので、私も年をけっこう重ねてきているので、ボケ防止としても意味があるんじゃないかと(笑)




L4ミッションはもうかるなぁ

というのが、最近の実感です。

まず、ミンマターのミッション用戦艦といってもいいマローダーであるヴァーガーを乗っています。

サルベージスキルを取りのがしていましたが、スキル・装備ともにほぼ完成しています。Eve歴3年くらいで寄り道をいろいろしながら、ミッションランナーとして完成に近づいているのかなと思います。(サルベージ品の売却でマーケット関係のスキルも必要ですがMax outしていません。)

以前は、「T3クルーザーのLokiでL4ミッションできる!」と思っていたのですが、確かにクリアはできるけど、効率はマローダーに比べたら、とても悪いです。 ましてサルベージもできないし。

あと、MMORPGの好い所で、とりあえず長い間プレイしていると、それだけ良いことが多いですね。

スキルも伸びるし、金銭的にも余裕が出てきます。去年のスキルオンライン中に、Socialスキルをミッションに関係するのを全部Lv5にあげといたりしたのが地味に良い効果を出しています。たとえば初期のころよりスタンディングがモリモリ上がるんですね。

金銭的にはとくに工夫を凝らしていなくても金に困りません。この前も、ちょっと各地に散らばっている高額モジュールをひょいひょいと集めたら、すぐに800Mくらいになりました。
またミッションを回していると気が付くと100Mくらいにすぐなりますね。

私の性格はのめりこみやすくてすぐに「真剣」に打ち込んでしまいがちなので、努めてまったりムードでいこうとしています。

あと、友人にすすめられてインプラントのクリスタル・シリーズを全部さしてみたら、ヴァーガーのタンクDPSが+2000されて効果に驚きました。

いま悩んでいるのは、どれくらいの高額モジュールを使ってミッションを回すかということです。無制限に金を注ぎ込んでも、いずれはKamikazeされるんでしょうし。だからといってあまりにも貧乏臭くするのもなんか楽しくないし。




バカから10ドルせしめる方法

という題名の10ドルの本が売られていたとか聞いたことがあります。

ネットの広告で絶対儲かる今までにない手法とかなんとか、そういう広告がよくあるんですが、なぜ、それを使って本人が1000億でも、1兆でもさっさと稼がないのか謎です。

また、その手の詐欺に引っかかってしまう人がいるというのも、謎を深めます。




確率論の面白さ

ここに、白玉1個と赤玉2個あるとします。

この3つの玉を袋に入れます。

まず袋の中を見ずに、ひとつの玉を適当に取り出します。それを色を見ないで別のところに隠します。

いま、袋には色がわからない2つの玉が残っています。

次に、袋からまたひとつ玉を取り出します。

2つ目の玉の色が、白だったら、当然、隠された一個目は赤という論理的な思考になります。つまり、隠された1つ目の玉が赤である確率は1(100%)です。

2つ目の玉の色が、赤だったら、隠された1つ目の玉が赤である確率は、1/2(50%)です。
だって、白1つと赤1つのどちらかだからです。

この例は、条件付き確率の考え方なのですが、時系列的に、後ろのほうで起こった事柄の結果が、以前におこった事柄のわかっていない結果の確率を左右するというもので、私はとても面白いなと思っています。

これじゃ簡単すぎて確率論の不思議さが伝わらないかもしれないので、数研出版の数学Aから、もっと不思議っぽくみえる多少複雑な例をあげておきます。

—————————————————
p.64
12 白玉7個、赤玉3個が入っている袋から、玉を1個取り出し、それを袋に戻さないで、続いてもう1個取り出す。2番目に取り出した玉が赤玉であるとき、最初に取り出した玉も赤玉である確率を求めよ。
—————————————————

つまり、2個目の色によって1個目が赤である確率が違うんだなというところがなんか時系列を無視しているみたいで、私は面白く感じました。

L4ミッション Cargo Deliveryがヤバイ

一見、簡単なんですが、Warehouse から、ミッションアイテムの Quafe Ultra をとると、敵がガッとわきます。

ここまでは、いいんですが、相手の戦艦が、こっちの電気をチューチュー吸い始めるのがやばいです。

これで、ぼーとしてて、一か月くらい前、ヴァーガーを落としたのを忘れて、今もやばかったのですが、Microjumpで100km跳んで、そのままワープアウトして事なきを得ました。




悪事はペイしない

悪事はペイしない、つまり長い目で見て得にならないというのは、証明不可能ですが、私の信念です。

私はできれば、悪事はしたくないです。

なぜなら、悪いことをしたくないからなのではなく、それがペイしないと感じているし、考えているからです。

また、悪事とは、世間一般の人が考える悪事という意味で、自分がこれは悪いことだなと決めた悪事ではないです。

私の中の悪事と世間一般の悪事はほぼ一致しますが、当然、微妙に食い違うところもあります。

なぜ、悪事はペイしないと感じているかと言えば、いままで46年間生きてきた中での経験や見聞きしたことからの総合的な判断です。つまり、それだけ、環境に恵まれてきたのだと思います。

いま話題の知事ですが、一生懸命がんばって、偉い地位について、すこし税金で贅沢してみるかという欲望はよくあることだろうと思います。

まず、それを世間一般が悪事と認識しないと思っていたなら、致命的な読みのミスだと思いますが、そこまでバカじゃないと思います。

じゃあ、俺は悪をやるつもりなんだなと思っていたはずです。

で、その悪のやりかたが、笑っちゃうほど稚拙でへたくそなので、これはどういうことだろうと思います。

この人、悪いことをあまりしたことがなくて、下手なのかなと思います。

発芽!

発芽しました、予定より早いかな。

発芽!

Yuji  Minejimaさん(@yujiminejima)が投稿した写真 –

2016  5月 10 6:49午後 PDT