千年に一人のクズ

占いが結構好きで、無料占いなんかをポツポツとやってみたりするんですが、最近、Facebookで何の気なしに、ポチッたらこんな結果がでてしまいました。

20160430_2

「お前はクズだ!」
と言われると、いやそれはちょっと違うんじゃないかと反論する気分になりますが、

「お前は千年に一人のクズだ!」
と言われると、「あ、やばい、そうかも」と妙に納得してしまうところが、自分でもヤバイなと思っています。

まず、自分のクズッぷりを考察すると、なにより、いろんな意味での「結果」がだせていない点が痛いです。

世の中には真面目系クズという言葉があるそうですが、大病するほど全力で努力したあげく何の結果も出せないっていうのはやっぱりクズなんじゃないかなぁと思います。

結局、自分の好きなことを勝手にやってただけじゃないかという気もしますし。

ただ、ここまできたら、引き返しようもない気もします(笑)

映画:モナリザ

若いころ悪やって、友人のために刑務所行って出てきてその友人に会いに行ったら、またいいように使われて、別れたカミさんに娘とられてウザがられて、そういう中年男がまた懲りずに恋をするという話。

ボブ・ホスキンス が主演します。

私の抱える問題点は、1986年(私は18歳くらい)に見た当時から一貫して私の目には、こういう主人公がヒーローもしくは、聖人に見えてしまうというところです。

ネットをちょっと検索してショックを受けたのは、こういう男は世渡りの下手な”バカで面白い男”という見方が多いということです。

そりゃ、俺も出世しねぇわなと思います。

ただ、主人公、ジョージは「幸せか?」と聞かれて、「ああ、幸せだ」と答えます。それだけでいいのかなとも思います。


 




チャリンコの爽快感ヤバイ

30年ぶりくらいに自転車に乗ったとき、爽快感がすごくて、

「こりゃいいなぁ、清原さんシャブやらないで、チャリ乗ればよかったのに」

と思いました。

私は趣味がウォーキングなので、普段基本歩くわけです。

そのテクテク進んでいってる感じが、自転車だと、スゥ~と特にりきんでこがなくても進むわけです。その爽快感たるや、まだ、持続しています。

こりゃ、いい移動手段が増えたなと思っています。

最近は、床屋まで行ってすこしづつ、行動範囲をひろげています。