異形の友人たち

私の友人たちには、「異形」としか表現できない人たちが多数います。

突出して論理的思考に優れ私が出会った中でいちばん口が立つと思われるのになぜか伝統工芸の職人のTさん。株式投資のプロ。唯一、世間でいう成功者。

スタンフォード大学の天文学チームでプログラマーをやっていた関係で、スタンフォード大学のメールアドレスを保持し、私が知るだけでも天文学、数学、プログラミングに該博な知識を持つ白人のアメリカ人のZさん。私は彼がどこかの大学教授として紹介されても違和感を感じません。いま彼は日本語にハマっています。アニメ好きです。

日本語、韓国語、英語を会話レベルならほぼ、ネイティブじゃないと疑われないレベルのコンピュータゲームマニアのCさん。彼は常にゲームをしています。そして、おっそろしく頭が良いです。若いですが。不屈の闘争心の持ち主。

日系アメリカ人で見た目は完璧な日本人、中身は完璧なアメリカ人のAさん。最近赤ちゃんができました。某ゲームのグループでリーダー。完璧な日本語を話しますが、忠臣蔵は知らない(笑)。

たたきあげの技術者で、最近、若干心配なほどずっとSkyrimをやっているZさん。Fair Lady Zを駆る男。ベトナムの新入社員の面倒を見るのに四苦八苦(笑)。独身のナイスミドル。

ここに挙げた人たちは、コンピュータゲーム関係つながりの友人ですが。ぶっちゃけこの人やばいだろというレベルの人たちです。

ヨガ界隈でも、この人やばいだろって人ばかりです。

なぜなのか(笑)。

「異形の友人たち」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です