逗子までウォーキング

同僚のKさんといっしょに、逗子までウォーキングをしました。

朝9時に出発して、帰りは夕方になってました。(京急逗子駅から電車でもどりました。)

4時間とちょっと歩いたことになるでしょうか。

S__6725652

合法ドラッグ、注入!

S__6733848

S__6742036

哀愁がただよっちゃってますね(笑)

S__6733849

S__6750232

葉山の御用邸

S__6750233

S__6766632

S__6766633

S__6766634

S__6766635

S__6766665

S__6766666

遠くに見えるのは江の島です。

S__6766676

汐入駅ちかくの、ダイエーで一服。

酒の効用

午前3時に目が覚めて、塾の生徒さんの数学の宿題の添削をおえて、自分の数学への勘がもどってきたことを感じて、それがうれしくて、1~2週間ぶりに酒を朝からキめてみました。

日本文化は酒に寛容であると同時に、非常に厳しい一面をもつということを最近感じていますが、酒は仏教でも釈迦が「酒はやめとけ」と言ったので、禁じている一面もあるいっぽう、日本仏教では、あえて、酒の効用をみとめて智慧が湧きいずる「般若湯(はんにゃとう)」ということで、許す一面もあります。

私は、酒とのつきあいがながいので、自称「酒初段」を自認しております。

なにをもって、初段なのかといえば、酒を飲んで、人前で吐くことはもうありません、また、酒を飲んで、気が大きくなって、人と口論や喧嘩になったことは、生まれてから一度もありません。

ここらへんが、初段を自分に許している理由です。

数か月前も、ネットのゲーム友達と、テレビ電話越しで酒を酌み交わして、とことん絡まれましたが、防戦一方に徹して、切れて口論となることはありませんでした。

日本仏教には詳しくないのでよくわかりませんが、酒の効用を日本仏教が認めているのは、「酒によってよけいなはからいを捨てることができる」ことが理由なのではないかと考えます。

酒が入ってなければ、気恥かしくて言えないような、友人、知人、師匠、夫、妻、子供、親類縁者への感謝の気持ちである「ありがとう」ということばを私は、素直に言えるようになります。

私は、同じ人間同士であっても、「言葉として伝えなければ、伝わらない」という気づきを得ています。

言わなくても、それぐらいわかるだろうという気持ちでいた人たちが、どんな結末を迎えたか数多く見聞きしています。

というわけで、ヨガのMari先生には、向ける顔がありませんが、そんなこんなで、私の酒道の修業はつづきます…。

いい動画を紹介してもらいました

剣道ですが、合気道にも通じるのであろうなと想像しました。

「勝ちたい」という気持ちを捨てて、無心になることで新境地を切り開いた方のドキュメンタリーです。

こういう修業をしている人がいるというだけでとても励みになりました。

私も合気道に精進します。