ヨガレッスンの後の不思議な昂揚感

親戚一同、友達連中などなど相手かまわずヨガのレッスンに誘っているのですが、ぜひこのレッスン後の不思議な安らぎ、昂揚感、リラックス状態を味わってほしいというおせっかいな心から出ています。

先日は、アメリカから来日して拙宅に滞在していたザンスラさんをホームシックにかかっていて不活発な状態にもかかわらずヨガに誘いました。本人がどれだけ楽しめたかわかりませんが、自己満足です。

私が通っているスタジオ(Yoga Sala PREMAL )は1レッスン90分なのですが、1つのアーサナをしたあと次のアーサナに行くまえに、必ずと言っていいほど、シャバーサナという休憩・リラックスのアーサナを挟みます。なので、レッスンでへとへとに疲れるといったことがありません。

この緩急の繰り返しが精神にいい影響を一定のリズムで与えてくれるのかなと素人考えしています。

シルシアーサナ/ヘッドスタンドポーズ/三点倒立

今日のシバナンダヨガのレッスンは、3連休の中日ということもあってか、私のほかに生徒さんが1人しかおられず、Mari先生に適宜アドバイスをいただきながらのものとなりました。

で、ヘッドスタンドポーズなんですが、私はまだできません。私は、補助なしで逆立ちをした記憶がないのでたぶんしばらくの間はできないだろうなと思っていました。

だがしかし、Mari先生の適切なアドバイスにしたがってトライしたところ、ヒザを曲げたままながら、逆立ち途中のそれっぽい感じまでいけました。

ははぁ~ん。これは力技でやるアーサナじゃないな…。バランスをとればそれほど力を入れずにデキル!そう思えたらもうこれは出来るまでは時間の問題だなと感じることができました。

コッソリ、自宅で練習して、いつかサッっとポーズきめてみんなを驚かしてやろうとかいう邪心が生まれました。:-)

堀りにはなんかある!

私の誇る採掘キャラクターたちは、オルカキャラ1+フレイターキャラ1+堀キャラ4という構成です。それぞれのキャラクターがもうすぐそれぞれの役割のスキルがMAX OUT状態になります。

採掘には、いろいろな思い出があって、初めてレトリーバーに乗れるようになってその儲かり方がその頃にしては尋常ではない金額だったので衝撃をうけたこととか…(掘りに関してはそれは最大、最後の衝撃だったのがなんともかんとも)

NACHOアライアンスで初めて参加したイベントが単に掘るというだけのものだったのにもかかわらず非常に楽しかったこととか、オルカを見て「いつかあれを自分が飛ばすんだ!」と思ったり、オルカって平べったいなと思ったり、前回の堀りイベントでのアキラさんの採掘船にECMをくらわせてアキラさんが「あれ~、なんか僕、掘れない~」というカガヤキ伝説を聞いて腹をかかえて笑ったこととか… なにもかもがなつかしい…

と、ノスタルジーにひたっている場合じゃない懐具合なので掘らなきゃならないんですが、

ぶっちゃけ、実際掘ってるときって、退屈だよね(あ、いっちゃった。

気をとりなおして、どんだけ儲かるかって話をすると、最近のアップデートでアイス掘りが若干まずくなりましたが、以前は、我がNACHOアライアンスが誇る頭脳、諸葛孔明、You(ヨウ)さんが、アイス掘りフリートを10数アカウントで展開して、一晩に1ビリオン前後稼いでいたという伝説があります。

そこまでいかなくても、なんか金に困った人がいたら私は「とりあえず堀りなはれ」とアドバイスしています。

だらだら、掘りに関することを書いてますが、あえてこのまま進めます

私の現在のフリート編成は、ステーションの無い恒星系での掘りを想定したものです。掘り子が掘って、カーゴがたまってきたらJettisonでポイっ!それをオルカが長射程のトラクタービームで自分のところまでもってきて、フレイターキャラがゲッツ!だいたいフレイターが満杯になったらそこらへんで終了~。そういうだんどりです。

まだまだ掘りについて加筆します。熱意だけはあって行動がともなわないのがいかにも残念。掘りしよう!と思ったらWar Decかよっ!!!

あと、Eve Onlineで「よしっ、俺は掘りを究めよう!」と思ってしまう人も少なからずいらっしゃると思いますが、私としては「掘りだけに専念するのは非常に危険な気がします。Eveをやめてしまうという意味で」というアドバイスをすることにしています。掘りだけでオルカを買うまでプレイして、そこで(たぶん)燃え尽きてEveを去って行ってしまった(と思われる)方たちを何人か知っているからです。