LispインタープリタをC言語で実装

Lisp In Small Piecesは内容が難しくて理解するのを断念。

すこしLisp界の現状をGoogleで調べたらISOで標準化されたISLispというのを見つけた。
規格の規模がCommon Lispよりもだいぶ小ぶりなのでこれを参考にインタープリタを
実装してみることにした。

簡単なread, eval, print ループを実装して、generic functionを実装してオブジェクトシステム
のインスタンス生成を実装しようと思っていたところでC言語で実装されたLisp関数の
呼び出し方、詳しくは引数の受け渡し形がよくないことがわかって書き直している。

最終的にはC言語へのトランスレータを書いてみたいが、ECLがCommon Lispで
CLOSサポート、スレッドサポート、Unicode対応などいい仕事をしているようなので
完成したとしても一般的な受けはあまり期待できなそう。